2020年11月30日

創設者の言葉4「教育の原点は幼児教育」

 来る12月3日は本園の「創立記念日」です。昭和34年12月に県に認可され、翌年4月に開園されました。今年で61年を迎えることになります。
 ところで、認可される2年ほど前の夏のころでした。福原家では家族会議が開かれ、父福原毅が、幼稚園を創立したいとの意を、家族に伝えたのです。その時言った言葉が、標題の「教育の原点は幼児教育である。」との言葉です。
 こうして園創設に向けての父の活動が始まったのです。何しろ宣言はしたものの肝心のお金がないのです。それを何とかしようと奮闘が始まりました。そして、周りの人々のたくさんの善意に助けられ、県の認可、そして翌年4月の開園にこぎつけたのです。この間の父の苦労の日々は、我々の想像を遥かに絶するものがあったものと思います。
 一体父はいつごろから幼稚園をt造りたいと思ったのか。跡を継いだ時から頭に引っかかっていたのですが、創立50年の時に、父の履歴書を見る機会があり、昭和24年に幼稚園教諭の免許を取得していることを発見したのです。少なくとも園の創立の10年ほど前から幼稚園創立の思いを抱いていたことを知り、跡を継ぐ重みを思い知らされたのでした。
 創立記念日を前に、「教育の原点は幼児教育である」との創設者の思いを改めて心に受け止め、これからも皆様方のご理解とご協力をいただきながら、歩んでいきたいと思っています。
posted by ののはな幼稚園 at 13:19| 日記

2020年11月24日

創設者の言葉その3「武士は食わねど高楊枝」

 創設者の福原毅は、その後教育行政に携わりたいと大宮高校の教諭の職を辞し、市の教育委員に立候補し、当選します。教育委員として市の教育行政に尽力しますが、その後委員は任命制となり、任期満了とともに、退職します。その後、各種の名誉職などを勤めますが、収入は少なく、家族の生活を守るため、日々悩まされたようです。そんな日々の中で時々つぶやいていたのが、標題の「武士は食わねど高楊枝」の言葉です。その意味するところは、「たとえ貧しくとも、気位を持って生きる」という事です。創設者の福原 毅は、まさにこの言葉通り、志の高いやせ我慢の人でした。
 この間、福原 毅は、幼稚園の創立を心のうちに温めていたようです。そのことを当時の家族は誰も知らなかったのです。その後の事は次回のこの欄で書いていきます。


posted by ののはな幼稚園 at 12:00| 日記

2020年11月16日

創設者の言葉その2「情けは人の為ならず」

 創設者の福原 毅は、その後都城の小学校の教諭から女子師範学校の教諭になり、終戦を迎えます。戦後は、県の職員を経て、大宮高校の地理の 教諭に赴任します。生徒を愛し、授業に全力を尽くす姿勢や、その語り口や表情・地図を片手に持ち教室へ向かう姿等々、生徒からも大変慕われたようです。被写体としても魅力的で、写真部の面々が文化祭に出展したと思はれる大判の写真が数枚残されています。また、女子師範時代から生徒や同僚の方々が、よく自宅へ来られておられました。頼まれごとも多く、いったん頼まれると、その方のために全力を尽くし、昼夜を問わず出かけていく姿がありました。そんな父の健康を案ずる母は、たまりかねて意見をすると、よく口にしていた言葉が、標題の「情けは人の為ならず」の言葉です。
 寒い夜、自転車を引きつつ、自宅を後にしていく父の後姿を思い出しています。
posted by ののはな幼稚園 at 12:17| 日記

2020年11月09日

創設者の言葉その1「青年は過去を語るな!」

 早いもので11月も第2週に入りました。朝夕は冷え込み、街路樹は紅葉を増し、すっかり晩秋の趣です。 考えてみると、園の創立記念日の12月3日が近づきつつもあり、本日から12月にかけて本園の創立者である、「福原 毅」の思い・考え方等を、本人が日頃語っていた「言葉」を軸にして書いてみたいと思い、ここに記してまいります。私的なことも時折入るかもしれませんが、読んでいただくと嬉しいです。
 今回はその第1回目として、標記の言葉についてです。この言葉を語る時、それは若者は、常に未来志向でいなければならない、常に「未来を語れ」という事です。もう一つは、年齢に関係なく、過去を語りたがる人間は、青年とは言わないという意味です。恐らくこのことは、自分に対しての戒めであったかもしれません。常に前を向くことで自らを奮い立てていたのではないでしょうか。家族の一員として父を見ると、56歳で亡くなった父は、生き急いだのではないかと、残念な思いも致します。
 ところで、父「福原 毅」はそのモットーの如く、自らの生い立ちを語らない人でした。故郷の事や生い立ちなど一切を語ってくれませんでした。その後知りえた範囲で記すと、次のごとしです。
 生まれは奄美大島の離島「請島」です。今は過疎化が進み、人口は150人を切っている、本当に小さな島に生まれ、両親を早くに無くし天涯孤独になったと聞きました。青年期には代用教員をするなどを経て上京し、丁稚奉公をしながら夜学の大学を出て小学校の教員になり、その後親せきを頼って宮崎に定住することになり、時を経て幼稚園を創立することになるのです。父を知る人からお聞きした大島時代のエピソードを記しておきます。代用教員時代、父は「標準語運動」を行った、とのことでした。島を出た青年が都会で就職しても「言葉(方言)」でつまずき、やめて帰省してしまう現実を何とかしようと、取り組み成果を得たとのことで、その人によれば、「今でもその地区では標準語を話しており、お父さんの功績ですよ。」と聞かされましたが、今は方言重視の時代であり、評価は賛否の分かれるところです。このことからも父の正義感の強さや、実行力等の性格の一端がうかがえます。ついつい長くなってしまいました。今回はここまでといたします。

 
posted by ののはな幼稚園 at 12:37| 日記

2020年10月26日

「秋の夜長に童謡を聞いています。」

 私的なことで恐縮ですが、我が家には有線を引いており、いろんなジャンルの音楽を聴くことが出来ます。しかし、実際は好みの数チャンネルしか聞くことはありません。
 この1年を通して一番聞いているのは、クラシックのショパンの曲の全てです。今の自分の心に素直に心地よく受け止められるのです。そしてもう一つのジャンルは、9月から10月までの期間限定の「秋の童謡」です。この童謡には、故郷、里の秋、赤とんぼ、夕焼け小焼け等々、おなじみの曲のほかに、幼少の頃に聞いたかすかな記憶がある曲もあり、懐かしく感じる曲もあります。
 ところで、そうした曲の中で、私の好きな歌は、「小さな秋」「野菊」そして「十五夜お月さん」です。特に「十五夜お月さん」は、今一番心にしみる曲として受け止めている曲です。ちなみに次にその歌詞を記しておきます。
       十五夜お月さんごきげんさん
       ばあやはおいとまとりました
       十五夜お月さん 妹は田舎へもられていきました

       十五夜お月さん かかさんに
       も一度 わたしは会いたいな
 哀調あるメロディーに乗せて歌われるこの歌を聴きながら、我が家のベランダで、秋の名月を見つめています。
 こうした童謡を、園児の皆さんにもいつかの時に聞いてもらいたいな、と思っています。
  
posted by ののはな幼稚園 at 12:05| 日記

2020年10月19日

「深まりゆく秋の季節の中で」

 早いもので10月も半ばを過ぎました。10日には運動会が、皆様方のご協力の下、無事行うことが出来ました。
 運動会を終えた後の子ども達は、いつも以上に元気いっぱいに園庭を走り回っています。鬼ごっこをしたり、鉄棒や登り棒等に挑戦する姿も見られ、意欲的な活動が感じられ嬉しくなります。また、クラスや学年を軸とする活動も盛んで、先生や友達とのつながりがさらに強くなったように感ぜられます。鬼ごっこなどの遊びの中で、先生が鬼役になって、子ども達を追いかける場面など、とても微笑ましく温もりある風景に心を和ませてくれます。
 季節は秋、思う存分心と体を開放し、お子様の成長につなげたいものだと思っています。
posted by ののはな幼稚園 at 10:46| 日記

2020年07月13日

「園児の皆さんの意欲的な取り組みに感動」

 先週の月曜日は、長友主任による年長児の皆さんを対象にした研究保育があり、私も参観いたしました。
 年長児の皆さんは、教室からリズム室へ移動してきましたが、移動中からこれから始まる保育へのわくわく感を漂わせていました。保育はバルーンを使って行はれましたが、教師の導きに応えて生き生きと活動し、その表情や体からは、楽しさや喜びが満ち溢れ出ていて、私もその姿に感動を覚えました。子ども達が生き生きと喜んで活動する姿は、私たちに生きる力を与えてくれることを、あらためて実感することが出来ました。これからも、今回の研究保育等の実践に学びながら、子ども達が、生き生きと意欲的に活動できる保育に、取り組んでいきたいと思っています。
 今園庭では、年長児が水遊びに夢中になっています。教室を覗くと、年中組は、段ボール遊びやボール遊びを、年少組は、はさみを使った制作活動を、年少々組は、水着に着替えて水遊びの準備をしています。1学期も残り少なくなってきました。残りの日々を、子ども達が、意欲的で楽しさに夢中になれる保育に努めていきたいと思っています。
posted by ののはな幼稚園 at 11:38| 日記

2020年06月16日

「紫陽花の見守る中で・・・」

 6月も半ばを過ぎ、子ども達の日常も、少しづつ戻りつつあるようです。雨に映える紫陽花の見守る中で、元気いっぱいに遊ぶ子ども達の姿を見るにつけ、「当たり前の日常」の大切さを、改めて感じています。
 コロナウイルス感染拡大を受けて、自粛そして自由登園・分散登園等を経て、現在の状況に至りましたが、この間のブランク等を心配していましたが、その期間があったからとも思われる、子ども達の躍動感ある姿に、目を見張る…そんなこの頃の園庭風景です。
 年中さんによる事務室へのお弁当の配膳活動も始まりましたが、当番さんの見事な活動ぶりにも感心しています。これからの活動を通して、「人前力」を少しづつ身に付けて頂ければ…と思っています。
 異常な状況の中でスタートとした今年度の園生活ですが、そうしたことに思いを寄せながら、全力で取り組んでいく所存です。どうぞよろしくお願いいたします。
posted by ののはな幼稚園 at 12:01| 日記

2020年04月20日

「若葉のささやき」

 先週の木曜日のことでした。朝食後、窓を開けると爽やかな風を頬に感じました。空を見上げると青空が広がり、ふと庭に目をやると木々の枝には若葉が萌え、新緑をまぶしく感じました。そんな時でした、妻の手にするラジオから、70年代のアイドル天地真理さんの表題の歌が流れてきました。その歌はその日の朝にまさにピッタリの歌で、思わず一緒に口ずさんでしまいました。その日は、私が今年の春を実感した記念すべき日となりました。
 このところ、コロナウィルスによる暗いニュースが続く日々の中で、つかの間の明るさを感じた1日となりました。そんな中でも新年度を迎え、始園式そして入園式を無事終え、子ども達は元気に園生活を始めました。ただ、本県でも緊急事態宣言が出され、園としても新たな対応を実施することになりますが、どうぞよろしくお願いいたします。一日も早く終息することが出来ます様、私たちが出来る事をしっかりと取り組んでいきましょう。
posted by ののはな幼稚園 at 13:05| 日記

2020年03月26日

「本年度の終わりに当たり」

 「新型コロナウィルス対策」が最優先される中での卒園式、そして終園式を無事行うことが出来ました。これもひとえに保護者の皆様方のご理解ご協力のおかげと、心から御礼を申し上げます。
 昨日は桜の開花宣言も出され、いよいよ春本番を迎えます。いつも通りとはいきませんが、子ども達一人ひとりが、次なるステップに向けて、新たな気持ちで新年度を迎えて欲しいと思っています。
 改めて、この一年の皆様方のご協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。、
posted by ののはな幼稚園 at 12:49| 日記