2016年12月28日

「皆様、良い年をお迎えください。」

 早いもので今年も残り少なくなりました。今月は18日に発表会が行われた後、20日は「もちつき大会」があり、園児全員で楽しみました。そして22日は2学期の修園式がありました。リズム室に全員で集まりましたが、園長や主任教諭の話を聞く態度も見事で、2学期の子ども達の成長ぶりを改めて実感することが出来ました。26・27日は預かり保育があり、これも無事終了することが出来ました。今日は今年の仕事納めの日です。職員全員で集まり、かたずけや清掃に取り掛かっています。午後からは今学期最後の職員会議を予定しています。
 最後になりましたが、今年たくさんのご協力いただいた全ての方々に感謝申し上げます。来るべき新しい年が、お子様はじめご家族の皆様にとって良い年となりますようお祈り申し上げ、ご挨拶といたします。
posted by ののはな幼稚園 at 12:25| 日記

2016年12月19日

「発表会を楽しみました。」

 昨日は本園の第57回目の発表会でした。当日は会場となるオルブライトホールで午前中は「おやじの会」をはじめ、たくさんにお父さん方のご協力をいただき、荷物の出し入れや舞台づくりをしていただきました。 準備万端、本番に備えて職員の心持もリセット。
 12時半に開場となりましたが、来場者多数の為座席が足らないほどの盛況となりました。席に座れなかった皆様には心からお詫び申し上げます。
 そして、午後1時に開演。年長組の皆さんによる司会進行によりプログラムは進められました。それぞれの学年ごとに織りなす演技に、場内の雰囲気も盛り上がりました。最後は舞台に勢ぞろいした園児たちの呼びかけに応えてサンタさんも登場し、子ども達は大満足の様子でした。予定通り午後3時半には無事終了となりました。この日のためにご協力をいただいたすべての方々に心からの感謝を申し上げます。
 大きな舞台で力を出し切った子ども達の一人ひとりにエールを送りたいと思います。
posted by ののはな幼稚園 at 15:12| 日記

2016年12月13日

「発表会へ向けてー今日は本番舞台でのリハーサルを行いました。」

 一週間後に迫った発表会を前に、本日は本番前のオルブライトホールでのリハーサルを行いました。私は所用があり、年中組の劇「さるかに合戦」と年長組の「ののはなキッズ2016」の二つのプログラムしか観られませんでしたが、子ども達は本番の舞台を使って思いっ切り演技をしていました。後は、気になるところをみんなと話し合いながら、残りの日々を練習を重ねて当日最高の演技を披露したいと思っています。
 ところで私は、昨日リズム室での各学年の練習風景を見させていただきました。ついこの間は戸惑いがちであった子ども達が、堂々とした演技をしている姿を見て、子ども達の伸びる力の素晴らしさを実感したのでした。それぞれの個人力はもちろんですが、クラスや学年の一体感もおのずから育っているように感じられ、こうした大きな行事の意義を改めてかみしめたことでした。特に年長組の子ども達にとっては最後の発表会でもあり、「ののはなキッズ2016」の練習を何回も見せてもらい、励ましの言葉もかけたのでした。どうぞ、18日の発表会を皆さん楽しみにお待ちください。
posted by ののはな幼稚園 at 13:46| 日記

2016年12月02日

「創立者福原毅を語るー創立記念日に寄せて」

 明日12月3日は本園の57回目の創立記念日です。本日は午後からリズム室に全園児が集まり、「創立記念日の集い」を行うことにしています。
 ところで、今年の理事会の後、本園の監事をしていただいている大学時代からの友人でもあるH氏から、「君のお父さんはすごいなあー、一介の教員でありながらこの幼稚園を創ったんだから!」と言われ、なるほど、そうだな、と思ったことでした。父でもある「福 原 毅」は、子煩悩で優しくもあり、悪いことをすると烈火のごとく叱る厳しさもあり、人から頼まれごとがあると「情けは人の為ならず」と我がことのごとく全力で事に当たり、いつも心熱く、正義感あふれる人物でありました。ただ子ども4人を抱え、金銭的には恵まれない人でもありした。本人は「武士は食わねど高ようじ」が口癖で、良くも悪くも志の高い人でした。そんな父がある日突然「幼稚園を創りたい。」と言い出したのです。お金もない人がどうやって幼稚園を創ることができたのでしょうか。当時は知る由もなかったのですが、父の死後、少しづつわかってきました。「情けは人の為めならず。」と人の為に尽力した父は、また、多くの人に助けられていたのです。その恩人のお一人が、街中で洋品店をしておられたKさんです。子どものころ年末になると子ども全員をひきつれKさんの洋品店で子供服を買ってもらった思い出があります。そのKさんからの数々のアドバイス等をいただいたことも大きな力となりました。念願の幼稚園を創立した父でしたが、1年半後には病に倒れ死去したのでした。残された母が後を受け継ぎ、幾多の困難を乗り越え今日に至りました。創立記念日を迎えるたびに、創設に力を貸していただいた方々のことを思うことです。本日は、そのお一人Kさんのことを書かせていただきました。Kさんはじめ、幼稚園創立にかかわった方々の全てに、この場を借りて厚く御礼を申し上げます。
posted by ののはな幼稚園 at 13:06| 日記