2018年02月26日

「平昌オリンピック終わるーたくさんの感動ありがとう」

 冬季オリンピックが終わり、今も感動の余韻が残っています。それにしても、アスリートの皆さんの努力くって並みの物ではないことを、あらためて認識いたしました。そうした人たちの織り成す戦いが、私たちの胸を打つのですね。氷上と雪上の戦いをこんなにたくさん見たのも、私にとっては始めての経験でした。
 フィギュアスケート男子の羽生結弦選手の大会2連覇の偉業、女子のハイレベルでの戦い、そんな中での宮原選手の見事な演技・坂本選手の伸びやかな演技、素晴らしかったです。女子パシュートの美しい隊形、そして見事な金メダル。小平選手の快走と韓国選手との友情あふれるシーンは胸を打つものがありました。女子ジャンプでメダル獲得を確実にした高梨選手のもとに飛び込んだ、日本の伊藤選手の姿等も印象に残りました。 最後は、あの女子のカーリングです。韓国との大量点を巡る攻防、メダルをかけたイギリスとの1点を巡る戦いは、囲碁や将棋の戦いを思わせる展開に固唾を飲む思いで観戦しました。彼女らの素晴らしい笑顔にアスリートとしての真の姿を見る思いでした。アスリートの皆さん、本当にありがとうございました。
 
posted by ののはな幼稚園 at 10:45| 日記

2018年02月21日

「母の背を越えて十四の春が来る」

 表題の句は、「宮日こどもしんぶん」に掲載された俳句の一句です。作者は中学生のの原口さんです。本人の気持ちが素直に表現された、なんとも素敵な俳句です。自分の思いを歌や文章等々に表現できるような、そんな教育こそが、今求められているのではないかと思います。情操と言われるような領域を育て育むことの大切さを大事にしたいものです。まさに、幼児期に大切な体験を積み重ねるその先に、情操豊かなお子様の育ちが見えてくるのではないかと、この一句を何度も読み返しながら思ったことでした。
posted by ののはな幼稚園 at 13:25| 日記

2018年02月05日

「自由参観日に沢山の保護者の皆さんがお見えになりました。」

 今日は自由参観日です。自由参観日とは、いつの時間帯でも自由に参観できます・・・。という趣旨の参観日のことです。しかし今日は朝早くからたくさんの皆さんがお見えになりました。特にお父さんの参観が多かったのが近来にないことでした。子育てをご両親共々にという意識が定着しつつあることを、実感した次第で、本当にうれしいことです。
 ところでこの寒さはどうしたことでしょうか。前のブログで、「春はもうそこに・・・」と書きましたが、どうしてどうして・・・一体いつごろまで続くのでしょうか?
posted by ののはな幼稚園 at 13:34| 日記