2019年03月26日

「本年度ももうすぐ終わりー皆さんのご協力に感謝です」

 3月も終わりに近づきました。この間、桜の開花もあり、通勤道から見る文化公園の桜も日に日に色を染めてきています。この時期は忙しさのため、ゆっくりと桜を愛でることが出来ず残念ではありますが、致し方ないのかなあと達観しているところです?
 この間、本園では16日には卒園式があり、22日は修了式があり、本年度の教育課程の全てを終えた次第です。25日からは預かり保育が始まり、今日も子ども達の元気な声が聞こえてきます。
 ところで、昨日の25日は、市内の小学校の卒業式が行はれましたが、終了後、たくさんの本園の卒園生の親子の皆様が、園にご報告を兼ねて訪ねてきてくれました。このところ、例年の風景となりましたが、成長した卒園生の姿をまじかに見て、何よりの喜びをかみしめている先生達の姿がありました。この時期ならではの素晴らしい光景です。そうした思いで園を大切に思っていただける保護者の皆さんに、只々頭が下がる思いです。
 さて、本年度もいよいよ終りに近づきました。この1年間の皆様方の献身的なご協力に、心からのお礼を申し上げます。来年度も、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by ののはな幼稚園 at 13:12| 日記

2019年03月11日

「ウグイス鳴く-春はすぐそこにを実感」

 先日の参観日終了後の事です。終礼を終えて駐車場に到着した正にその時でした。「ホーホケキョ」との声を聴いたのです。その声たるや、透き通ったというよりも大きくそしてしっかりとした声で、いつものとは多少違ったものでしたが、ウグイスの声でした。昨年は聞かなかったので2年越しの体験でした。正に「春近し」を実感したのでした。桜の開花もちらほらと聞かれるようになりました。私が駐車場として利用している神社の境内では、2月下旬ごろからつつじの花もちらほらと見受けられます。「春近し」を体感する日々が続いています。今週末には本園の卒園式が行われます。今は、ただそれだけに集中したい、そんな気持ちでいる、今の私の心境です。 
posted by ののはな幼稚園 at 16:56| 日記

2019年03月04日

「3月ーそれは旅立ちの時です」

 2月はあっという間にすぎ、3月に入りました。3月は別れの月です。年長さんの姿を見るにつけ、寂しい気持ちになるのは私の歳のせいでしょうか?何んとも子ども達が愛おしく思えるこのところの日々です。
 ところでこの3学期、年長さんの成長は目覚ましいものがあると思います。2月のマラソン大会を前にしたある日の練習風景を観ていたのですが、準備体操のメリハリ感ある動き、表情の真剣さ、走ることへの意欲的な姿等々。すべてに見事な姿でした。
 16日には卒園式がありますが、最高の卒園式にになるよう準備したいと思っています。
 寂しくなりますが、春は旅立ちの時です。晴れやかな気持ちで送り出したいと思っています。
 
 
posted by ののはな幼稚園 at 14:04| 日記