2014年08月16日

「夕涼み会と教師研修会がありました」

 8月4日、天候不順のため1日遅れて本園の「夕涼み会」が行われました。園庭にはやぐらが置かれ、やぐらの周りには紅白の幕が張られ、ちょうちんも飾り付けられました。お祭りの雰囲気が醸し出される中で、午後4時前後には年長の皆さんが集まってきました。早速可愛いぱっぴに豆絞りのスタイルになり、やぐらの前の記念撮影になり、おみこしを前に周りにはこれもはっぴを着た「おやじの会」の面々も並びました。いよいよ近隣を練り歩く場面になりましたが、あいにくの雨の中、コースを短縮してのみこし周りを楽しみました。6時前後には年中・年少・年少々の子ども達と家族の方がお見えになりましたが、あいにくの雨もあり、場所をリズム室に移して始まりました。やがて、雨も収まり、虹も顔を出して、場所を本来の園庭に移して行われ、園児と家族の皆さんは楽しい一夜を過ごした次第です。天候不順の中をたくさんの方々に集まっていただき、大変うれしく思いました。この日のためにたくさんの協力を頂いた方々、特に当日の準備や後片づけ等をしていただいた「おやじの会」の皆さんに感謝です。
 ところで職員の面々は、翌5日と6日「九州地区教師研修会」に参加し、二日間にわたり研修に臨みました。大会初日の開会行事では、全国連合会の香川会長の幼稚園とその教師の使命を熱く語りかけたメッセージに感動し、改めて明日からのエネルギーにしたいものと思ったことでしょう。また、「保育の質を高めるために」と題した秋田先生の基調講演に、教師としての専門性を磨くことの意義を、そして歌のお姉さんであった神埼ゆう子先生からは、暖かく清らかな歌声に心を洗われると共に、ご自分のお子様の育ちの中で教師との出会いの中で、いかに励ましを得られたかとの語りかけに、教師としての喜びを感じました。こうして8月の半ばを迎えようとしています。残された夏休みを、ご家族共々に夏ならではの思い出をたくさん作っていただきたいと思っています。
posted by ののはな幼稚園 at 10:13| 日記