2014年12月27日

「今年の終わりにあたり」

 12月20日に2学期の終了式を行いました。リズム室に集まった子ども達はそれぞれに引き締まった表情をしており、そのけじめある姿勢に成長の跡を感じることが出来、とてもうれしく思いました。
 ところでこの1年、そうした子どもの成長を感じるいくつかの場面がありました。今、そんな場面が私の頭を巡っています。来年も、沢山のそんな感動の場面に出会うことを楽しみにしてます。
 さて、私の個人的な事で良かったことは、若い時代に過ごした北九州への2泊3日の旅行です。特に叔父が住んでいた門司の自宅の近辺を訪ねることが出来たことです。現在はその面影を全く観ることはできませんでしたが、当時の叔父の自宅は叔父が名づけた「奄美ケ丘」にあり、眼下に関門海峡を見渡すことが出来るのです。その風景を観る度に胸に迫る感動は、終生忘れることのないものとなっています。今回はそれはかないませんでしたが、和布刈公園から関門海峡を眺めることができ、それなりに満足したことでした。

 今年も残り少なくなりました。たくさんのご協力を頂きました多くの方々に感謝を申し上げます。
 新しい年が、子ども達とご家族の皆様にとって幸多い年でありますよう祈念いたします。
posted by ののはな幼稚園 at 10:23| 日記