2016年01月25日

「雪だよりを聞きながら・・・」

 このところの冷え込みに身も心もしびれています。各地からの雪だよりには被害の大きさを伝えるものがあり、心を痛めています。この宮崎では子ども達の期待もむなしく、雪はパラついた程度で残念なことでした。私の故郷である奄美でも115年ぶりに雪が降ったとか、被害はなかったかと心配しています。
 ところで、新年に入り子ども達は「郵便屋さんごっこ」に取り組みました。各クラスで一回り大きな職員手造りの「はがき」に、届けたいお友達宛に絵や伝えたいことを書いて、そのやり取りを楽しみました。勿論、各学年の年齢に応じた楽しみ方は多様で、それぞれに学び、楽しんだことと思います。特に年長さんは、郵便屋さんになり肩に郵便カバンを掛け、各クラスに足を運び、下のクラスの子ども達宛の郵便を届ける役割を持ち、下の子ども達の名前を呼び「はがき」を手渡すことをしましたが、緊張しながらもやり遂げた喜びをかみしめる様は、とても素敵な光景でした。毎年恒例の行事ですが、見るたびに成長を感じる場面です。今は2月にある「マラソン大会」に向けて各学年に応じて取り組んでいます。日に日に成長が目に見えてくるこの時期ならではの光景に、目を細めている次第です。
posted by ののはな幼稚園 at 15:31| 日記