2016年08月23日

「リオオリンピック終わる―たくさんの感動ありがとう」

 17日間にわたるリオオリンピックが終わりました。厳しい練習を重ねてこの大会に参加されたアスリートたちによる素晴らしい競技にたくさんの感動をもらいました。皆さんご承知の通り日本の選手たちの活躍は目を見張るものがありました。そんな中でも、特に私が感動したいくつかを上げたいと思います。まずは柔道男子の大野選手の金メダルです。予選からそのほとんどを一本勝ちで勝利を収めた大野選手は、決勝でも力を発揮して勝利を収めました。その態度は古武士のごとく礼に始まり礼に終わる、日本の柔道にふさわしい立ち振る舞いでした。金メダルを取った試合でも、表情も変わることなく、敗者を敬う姿勢は真の王者にふさわしいものでした。また、女子の部で金メダルを獲得した田知本選手の態度も見事でした。敗れた相手の選手もしっかりと組んで勝負をしてくれたと思います。素晴らしい勝者には同様な敗者がいることも覚えていたいと思いました。卓球男女のみなさんの試合にも感動しました。中心になった水谷選手と愛ちゃんの、勝利にかける思いとひたむきさに感動を覚えました。バドミントンの高松ペアの金メダルも見事でした。競泳では失意の中から立ち上がり見事に勝利を収めた金藤選手に拍手を送りました。陸上の400メートルリレーの銀メダルは、次なる期待を感じさせるものがあり、そのチームワークの素晴らしさを称賛したいと思います。その他数々の感動のシーンはオリンピックならではのものだと思います。そうした中で、私にとって最も感動を覚えたシーンは、重量挙げの三宅選手のあのシーンです。バーベルを上げ勝利を確定した後、退場しかけたところでバーベルに寄り添う様は、競技に向かう厳しさとは異なるやさしさに満ち溢れたものでした。努力を重ねる日々の中で培われた人としてのやさしさに、真のアスリートとしての素晴らしさを見ることができました。改めて、リオオリンピックに参加されたすべてのアスリートに敬意と感謝を感じた次第です。
posted by ののはな幼稚園 at 15:50| 日記