2016年11月28日

「発表会物語」

 11月もあと少し。寒さも日に日に厳しさを増しています。そうした中で、子ども達は元気一杯園活動に取り組んでいます。今は12月18日に行われる発表会に向けての活動に意欲的に取り組んでいる子ども達です。おりしも今日と明日は園内で行うリハーサルで、私もリズム室に出向き練習を見せてもらいました。各学年の一部のプログラムを見ましたが、各学年ともに意欲的に取り組む姿が見られました。少し照れるお子様も見られましたが、場数を踏むことで自信をもって発表することにつながるのでわないかと思っています。子ども達の楽しく元気いっぱいの姿にパワーをもらった1日でした。
 ところで今年の発表会は「オルブライトホール」でおこないますが、60年に近い園の歴史の中で、場所はいくつかの変遷があります。当初は園内で行っていましたが、その後、今は無くなりましたが、「県民文化ホール」に移り、この会場が一番長く続きました。その後再び園内に移りましたが、平成13年から「県立芸術劇場」に移り、10年ほど続きました。その後は「オルブライトホール」や「市民文化ホール」そして昨年は、再び「県立芸術劇場」で行いましたが、今年は「オルブライトホール」で行います。要は、どこの場所であっても、いつもの演技ができる、「たくましく・しなやかな心と体」を身に着けてほしいと願う心持で見つめているところです。
posted by ののはな幼稚園 at 14:13| 日記