2017年03月24日

「修了式を行い、28年度を締めくくりました。」

 本日は修了式を行い、無事に本年度を締めくくりました。去る19日に卒園式を行い38名の卒園生を送り出した後の数日間しかたちませんが、それぞれの学年やクラスの皆さんは、お兄さん・お姉さんらしく式に臨む姿勢や態度も素敵に見えました。4月には進級する園児の皆さんを頼もしく思いました。修了式終了後、転勤等でお別れをするお友達とのお別れ式を行った後、本年度でお別れする松久園長とお二人の先生との離任式を行いました。お友達やお世話になった先生とのお別れは悲しいですが、大げさに言えば人生には必ず別れの悲しみがあり、それを乗り越えながら人となる道の一つであることをおぼろげながらも感じることの大切であると、独りよがりの思いに至った次第です。
 ところで、昨日は市内の小学校で卒業式が行われ、松久園長が地域の西池小学校の卒業式に出席いたしました。その日の午後3時過ぎ、卒業式を終えた西池小学校の本園の卒園生10名程のみなさんが数名の保護者のみなさんを伴い訪ねてきてくれました。当時の面影を思い浮かべながら、しばし語らうことでした。しばらくすると、幼稚園時代に返ったのか、クラスのおもちゃで遊ぶ姿に、素直に育ってくれていることに頷いた次第です。卒園した幼稚園に訪ねてきてくれるとは、なんと嬉しいことでしょう。幸せが舞い込んだ思いでした。
 最後になりましたが、この1年、園活動にご理解とご協力を頂いた皆さん全てに、心から感謝いたします。ありがとうございました。
posted by ののはな幼稚園 at 16:58| 日記