2017年04月10日

「青空が広がる中で入園式を行いました。」

 昨日は青空が広がる中で本園の入園式を行いました。当日は、朝から制服を身にまとった新入園児が両親に連れられて登園してきました。中には祖父母の方々もご一緒のご一家も見られ、幼稚園ならではの風景が見られました。式の中では園長のあいさつや在園児の代表の皆さんの歓迎の挨拶もあり、先生方の手遊びもあり、緊張した面持ちが笑顔になる場面も見られ、明日からの園生活へとつながることを期待したいと思ったことでした。天気にも恵まれ、とても暖かな一日でしたが、この暖かさで桜も一挙に満開となり、まさに入園式に華を添えて頂いた思いです。入園式と式後の終礼も終わり、車で帰宅途中、文化公園では満開の桜の下で花見に興ずるご家族の姿があちこちで見られました。
 ところで本日は、昨日とは一転して雨の一日となり、登園する新入園児も悪戦苦闘する場面も見られました。しかし、多くの皆さんは早速教室のおもちゃで遊ぶ姿が見られました。お帰りの時間帯では、椅子に座り車座になり手遊びや歌を唄うなど、先生や友達と一緒に楽しく遊ぶ場面が見られ、明日への期待も膨らみました。明日は今日よりも、そして明後日はと・・・日に日に成長する姿が見られることでしょう。楽しみにしています。
 
posted by ののはな幼稚園 at 12:01| 日記