2018年06月12日

「子ども達の傍らには紫陽花が・・・」

 すっかりご無沙汰してしまいました。約一か月ぶりの更新となります。この間、梅雨入り宣言があり、雨の季節となりました。「雨も又良し」、子ども達にとっては雨上がりの園庭は格好の遊び場となります。今日は梅雨間の青空が広がりましたが、昨日は雨の合間を年中組の子ども達が泥んこ遊びに興じていました。そんな子ども達を見守るごとく園庭の紫陽花が咲き誇っています。この紫陽花は、園バス担当の永吉先生が自宅の庭から株分けして植えたものです。この時期になると必ず色とりどりの花を咲かせてくれます。素敵な季節の色を肌で感じながら、子ども達は成長していくのですね。そんな季節感を感じられる保育を心掛けていきたいものです。
posted by ののはな幼稚園 at 12:38| 日記