2018年09月03日

「今年の夏を振り返る」

 この1か月ほどお休みしてしまいました。お詫びかたがた今年の夏を自分なりに総括したいと思います。
 今年の夏は、まず異常な猛暑に襲われたことです。連日の猛暑に熱中症にかかる方々が続出しました。本園は、昨年空調を設置したおかげで、暑い日は、室内遊びを中心に活動出来ました。空調設置については、季節感を損なうのではないか?等々葛藤を経て決断したことでしたが、結果としては良かったのではないかと・・・安堵したことでした。
 台風発生の異常な頻度、それに伴う豪雨による各地での被害の続出に心を痛めたことでした。今もなお、被害に苦しんでいる方々に、心よりお見舞いを申し上げます。
 こうした暗いニュースの中でも、心温まる出来事もありました。カリスマボランテイアと称えられた、大分の78歳の尾畑春夫さんにより山口県で行方不明となっていた2歳児のお子様を無事救出され、その対価を一切求めない姿勢に、人間本来のあるべき姿を教えられた思いでした。
 夏といえば甲子園の高校野球大会は大会100回を迎え、大いに盛り上がりました。県大会では記念イベントに本園の園児も参加することが出来て何より身近に感じました。「本気の夏、100回目」との記念標語が、宮崎県の高校生の応募作品と知り、素晴らしいことで、こうした感性を育んでいくことの大切さを胸に刻みました。
 こうした夏を経て、9月1日から2学期が始まりました。園児の皆さんが、たくさん遊び、楽しい園生活を送ってくれることを願っています。
posted by ののはな幼稚園 at 12:21| 日記