2020年10月26日

「秋の夜長に童謡を聞いています。」

 私的なことで恐縮ですが、我が家には有線を引いており、いろんなジャンルの音楽を聴くことが出来ます。しかし、実際は好みの数チャンネルしか聞くことはありません。
 この1年を通して一番聞いているのは、クラシックのショパンの曲の全てです。今の自分の心に素直に心地よく受け止められるのです。そしてもう一つのジャンルは、9月から10月までの期間限定の「秋の童謡」です。この童謡には、故郷、里の秋、赤とんぼ、夕焼け小焼け等々、おなじみの曲のほかに、幼少の頃に聞いたかすかな記憶がある曲もあり、懐かしく感じる曲もあります。
 ところで、そうした曲の中で、私の好きな歌は、「小さな秋」「野菊」そして「十五夜お月さん」です。特に「十五夜お月さん」は、今一番心にしみる曲として受け止めている曲です。ちなみに次にその歌詞を記しておきます。
       十五夜お月さんごきげんさん
       ばあやはおいとまとりました
       十五夜お月さん 妹は田舎へもられていきました

       十五夜お月さん かかさんに
       も一度 わたしは会いたいな
 哀調あるメロディーに乗せて歌われるこの歌を聴きながら、我が家のベランダで、秋の名月を見つめています。
 こうした童謡を、園児の皆さんにもいつかの時に聞いてもらいたいな、と思っています。
  
posted by ののはな幼稚園 at 12:05| 日記