2014年02月10日

ののはな2月の風景

 早いもので2月に入り10日が経ちました。この間3日には豆まきがありました。リズム室で緊張した面持ちで待ち受ける子ども達に顔を見せたのは赤鬼さんと青鬼さんした。共にこわい顔をしていましたが優しそうな鬼さんでした。園児の皆さんは鬼さんめがけて用意した豆を投げました。鬼さんは痛いとも言わず子ども達に近づいていました。子ども達の皆さんは鬼が近づくと、そのいでたちに怖くなり逃げ惑う、いつもの風景が見られました。園児の皆さんは、心の中に住みついた鬼を払うべく懸命に豆を投げたのでした。5日には自由参観日があり、朝早くから保護者の皆さんがお見えになり、子ども達もうれしそうな様子でした。各クラスでは、13日と14日の「ふれあいの集い」に向けて廃品を使った品物作りに取り組んでいました。それぞれの学年なりに制作に取り組む眼差しは真剣で、その集中力に成長の姿を観て頼もしさを感じました。年少々の子どもが制作した携帯電話を耳に当てて嬉しそうに会話するほほえましい姿に、思わず笑顔がこぼれました。
posted by ののはな幼稚園 at 12:15| 日記