2016年02月12日

「ふれあいの日」で楽しく遊びました。

 今日は「ふれあいの日」、4月に入園するお友達が親子で登園し、在園児との交流を楽しみました。まずは親子でリズム室に集まり、出席を確認し先生と歌を歌ったり手遊びをして遊びました。そこで年長さん手作りのお買い物バッグを貰い、それを持って各クラスを回りそれぞれのクラスのお友達手作りの品物を買い求めて楽しみました。各クラスのお友達もお客様の呼び込みの声を弾ませ、お買い物のやり取りを楽しんでいました。毎年の恒例の行事ですが、その年年の工夫があり、子ども達の発想力の豊かさに感心しています。15日には在園児同士の取り組みを予定しています。
posted by ののはな幼稚園 at 15:01| 日記

2016年02月03日

「福はうちー鬼はそとー」

「福はうちー鬼はそとー」の子ども達の声がこだましました。
 本園のリズム室に集まった子ども達の前に赤鬼さんと青鬼さんがやってきました。子ども達は手作りのお面を頭にかぶり迎え討ちます。豆を鬼さんに向け投げますが、鬼さんも負けまいと子ども達に向かっていきましたが、今年の鬼さんはとても優しく、子ども達は物おじすることなく立ち向かっていました。やがて鬼さんが降参して、子ども達と別れの挨拶をして去って行きました。子ども達の表情は満たされた表情で、あとは各クラスで年の数だけお豆を食べ、今日の行事の全てを終わりました。この1年、子ども達の健康と幸せをお祈りいたします。今朝は寒さに震えましたが、子ども達が帰る頃には青空が広がり暖かい日和となり、春の訪れを実感した次第です。「梅の開花」の便りも聞こえ、春は確実に近づいています。この季節の移り変わりの様を、しっかりと子ども達に伝えて行きたいものです。
posted by ののはな幼稚園 at 14:57| 日記

2016年01月25日

「雪だよりを聞きながら・・・」

 このところの冷え込みに身も心もしびれています。各地からの雪だよりには被害の大きさを伝えるものがあり、心を痛めています。この宮崎では子ども達の期待もむなしく、雪はパラついた程度で残念なことでした。私の故郷である奄美でも115年ぶりに雪が降ったとか、被害はなかったかと心配しています。
 ところで、新年に入り子ども達は「郵便屋さんごっこ」に取り組みました。各クラスで一回り大きな職員手造りの「はがき」に、届けたいお友達宛に絵や伝えたいことを書いて、そのやり取りを楽しみました。勿論、各学年の年齢に応じた楽しみ方は多様で、それぞれに学び、楽しんだことと思います。特に年長さんは、郵便屋さんになり肩に郵便カバンを掛け、各クラスに足を運び、下のクラスの子ども達宛の郵便を届ける役割を持ち、下の子ども達の名前を呼び「はがき」を手渡すことをしましたが、緊張しながらもやり遂げた喜びをかみしめる様は、とても素敵な光景でした。毎年恒例の行事ですが、見るたびに成長を感じる場面です。今は2月にある「マラソン大会」に向けて各学年に応じて取り組んでいます。日に日に成長が目に見えてくるこの時期ならではの光景に、目を細めている次第です。
posted by ののはな幼稚園 at 15:31| 日記

2016年01月08日

「新年明けましておめでとうございます」

 新年明けましておめでとうございます。皆様ご家族お揃いで新しい年を迎えらた事と、お慶び申し上げます。
 今日は幼稚園の始園の日です。子ども達は晴れやかな表情で登園してきます。これから始まる3学期への期待が膨らんでいるようです。職員一同新たな気持ちを持って取り組んで行きたいと思っています。どうぞよろしくお願い致します。
 新しい年を迎え、本園では4日に仕事始めのあいさつをした後、新学期の準備に取り掛かりました。11時過ぎに新しいバスの先生となる竹田先生がお見えになり、職員に紹介した後、早速バスのコースを試乗しました。バスには担当の職員1名と私が乗車し、それぞれの場所を確認していきましたが、順調に進行することが出来ました。途中とあるところでは、バスの音を聞きつけたのか子どもと保護者のになさん数名でバスを迎えていただき、バスを止めて車中から新年のご挨拶をしたことでした。きっと、幼稚園の保護者の友達同士が子ども達を含めた新年の集まりをされていたのだろうと想像し幼稚園ならではのほほえましい風景に出会うことが出来ました。こうした光景をまじかに見られた竹田先生も新しい出会いを心待ちに、本日からの勤務に臨んでおられることでしょう。
 そして5・6・7日とお預かりを実施し、今日の日を迎えました。

 改めて、今年1年どうぞよろしくお願い致します。
 
posted by ののはな幼稚園 at 09:54| 日記

2015年12月28日

「皆さま良い年をお迎えください。」

22日に終園式を行い2学期を終え、24・25の両日は預かり保育があり、全てを無事終了することが出来ました。今日28日は職員全員が出勤し、教室等全ての大掃除を行うと共に、ワックスがけを致しました。午後からは、2学期の反省の職員会議を行い、今年の御用納めとなります。
 今年1年、保護者の皆さま始めたくさんのご協力を頂いた皆さま方に、厚くお礼を申し上げます。
 皆さま良い年をお迎えください。
posted by ののはな幼稚園 at 12:22| 日記

2015年12月22日

「今日で2学期が終わります。」

 12月20日は本園の発表会が県立芸術劇場演劇ホールで行われました。当日は準備のため「おやじの会」を始めお父さん方の協力もあり、段取り良く進めることが出来ました。最高の舞台の上で子ども達は元気いっぱい演技をしていました。緊張のためか、涙を見せるお子さんも見られましたが、それぞれの学年に相応しく真剣に取り組む演技は、観る者に多くの感動を与えてくれました。練習の過程では、たくさんのドラマを育みながら、共に取り組む友達との交流も深まり、大きな行事を体験することで自信を得た子ども達のこれからのさらなる成長を期待しています。発表会のために、たくさんのご協力を頂いた保護者の皆さんに心からお礼を申し上げます。
 そして今日は園の2学期の終園の日です。午後から式を行いますが、きっと素敵な表情を見せてくれることでしょう。楽しみにしているところです。
posted by ののはな幼稚園 at 11:44| 日記

2015年12月09日

「女優原節子さん逝くー昭和も遠く・・・」

 女優の原節子さんが亡くなられたことが、報道されました。原節子さんと云えば、私は約30年程前黒澤明監督の「わが青春に悔いなし」が県庁近くにあった旧図書館で上映会があるとのことで、同僚と二人で観たことを思い出しました。この映画で主演を演じた原節子さんの存在感あふれる演技に感じ入ったのを覚えています。この映画は、私にとっての黒澤監督作品のナンバーワンの映画となりました。
 戦後の民主主義化の青春を描いた今井正監督の「青い山脈」、木下恵介監督の「お嬢さん乾杯」、吉村公三郎監督の「安城家の舞踏会」さらには成瀬己喜男監督「めし」等々、巨匠と云われた監督の作品に出演し好評を博しました。しかし、何といってもその名を不動のものにしたのは、小津安二郎監督との出会いであり、「東京物語」・「晩春」・「麦秋」等々の作品の中で、古風で芯があり凛としたたたずまいを持つ原節子さんの存在感は観る者の心をとらえました。良き昭和の原風景の中に確かに原節子さんがいる、と思っています。
 昭和の大女優原節子さんの死去を知り、改めて「昭和も遠く…」と感慨を覚えた次第です。
 野の花幼稚園も「古き良き昭和の幼稚園の、子どもと親と教師の織りなす原風景」を大切にしつつ、時代の要請にも応えられる幼稚園でありたいと思っています。
posted by ののはな幼稚園 at 14:21| 日記

2015年12月03日

「創立記念の集い」を持ちました。

 今日12月3日は幼稚園の創立記念日です。56年前の昭和34年12月に県の認可を受け、翌35年4月に開園したのでした。創立者は私の父である「福原 毅」で、小中高そして宮大の前身である女子師範学校の教師等を経て、「教育の原点は幼児教育である。」との信念のもと、この「野の花幼稚園」を創設したのでした。それから56年、幾多の困難を乗り越えながらここまで来ることが出来ました。卒園生は、3,500名余を数えます。支えていただいた保護者の皆さんや地域の皆さん、そして教職員の皆さんに心からお礼を申し上げます。
ところで本日は、リズム室で全園児とともどもに「記念の集い」を持ち56年目の誕生日を祝いました。園長・理事長の話を聞く姿勢も見事で、日々の積み重ねの中で子ども達の成長した姿を改めて実感することが出来、嬉しく思いました。
 これからも、子ども達の「たくましく・しなやかな心と体」の育ちを目指して、教職員一体となって日々の保育に取り組んでまいります。応援よろしくお願い致します。
posted by ののはな幼稚園 at 14:56| 日記

2015年11月30日

「11月も今日で終わりです」

 早いもので11月も今日で終わりですね。いつもに比べ暖かい日々が続いていましたが、このところの冷え込みにあわてて冬支度をしています。そうした季節の移ろいの中で子ども達は元気に園生活を送っています。11月以降発表会への取り組みをしておりますが、いよいよ完成度も高くなり、子ども達は自信を持って取り組も姿勢が見えています。年中組と年長組は、23日JAアズムホールでの「健診へ行こうフェスタ」に出場し、ダンスや合唱を披露し好評を受けさらに自信をつけたようです。各クラスやリズム室での練習を踏まえて、いよいよ本番に向けての期待も膨らんできます。子ども達が、表現することの喜びを感じながら、クラスや学年の友達と協力する心を育み、目標に向かって努力することの大切さを身につけてくれればいいなあ、と思っています。芸術劇場での12月16日のリハーサル、そして20日の本番を楽しみにお待ちください。
posted by ののはな幼稚園 at 15:09| 日記

2015年11月06日

「さわやかな秋の季節を迎えて」

 さわやかな秋の季節を迎えました。幼稚園では衣替えもあり、新たな気持ちで保育活動に取り組んでいます。子ども達がいま最も力を入れて取り組んでいるのは、発表会の練習です。各教室や広いリズム室で、友達や先生と共に取り組む中で表現することの喜びを心と体で感じながら一生懸命に練習する姿は、こちら側に感動を与えてくれます。この間のプロセスの一つ一つが子ども達の心と体の成長につながるものと思います。
 ところで11月は各学年ごとの参観日が計画されています。今日は年少組と年少々組の参観があり、保護者の皆さんがたくさんお見えになりました。併せてこの機会に給食の試食会も行われ、保護者の皆さん同士、話を楽しみながらの食事会となりました。来週の月曜日は年中組、水曜日は年長組の参観日です。年中・年長組の保護者の皆さんは、楽しみにお待ちください。
posted by ののはな幼稚園 at 12:08| 日記

2015年10月06日

「運動会が近づきました。」

 10月に入り心地よい日々が続きます。本園の運動会は10月11日に行われます。天気予報では晴天の下で迎えられるのではないか、と思っています。今日は当日に向けての総練習が近くの出水口公園で行われています。この日は係り,役割を担当する保護者の皆さんを含めて、本番を見据えての練習です。子ども達が安全に演技に集中できるようサポートしていただいて、「元気」溢れるそしてアットホームな楽しい運動会が出来ますよう、皆さまとともどもに心待ちにしたいと思っています。
posted by ののはな幼稚園 at 11:26| 日記

2015年09月24日

「シルバーウィークいかがお過ごしでしたか。」

 シルバーウィークも終わりました。皆さまにはこの期間いかがお過ごしたでしょうか。私は特になにするでもなく、過ごしてしまいました。ところでこのシルバーウィークは2009年以来とのことで、次は11年後になるそうです。子ども達は久しぶりの登園でしたが、元気よく友達と遊んでいました。午前中は年中・少・少々の皆さんは、出水口公園に出向き運動会の練習に取り組んでいました。パワーあふれる子ども達が作り上げる運動会を楽しみにお待ちください。
posted by ののはな幼稚園 at 12:28| 日記

2015年09月16日

「運動会の練習が始まりました。」

 運動会の練習が本格的に進んでいます。先週からは近くの出水口公園に出向き園外での取り組みも始まりました。先日は全園児がリズム室に集い、全体で行う体操や親子で行うダンスなどを練習しました。各クラスで個別に練習していたこともあり、初めてにしては動きも良く、親子ダンスでは親役もこなすなど見事でした。 これからは場数を重ね、人前で行うことの喜びや、体を存分に動かすことの喜びを体と心で感してもらいたいと思っています。19日には参観日があります。参観日では運動会に向けて園児が取り組む様子をご覧いただきながら、親子で行う競技やダンスなどをご一緒に行うなど、親子ともどもに楽しんでいただきたいと思います。
posted by ののはな幼稚園 at 11:51| 日記

2015年09月02日

「2学期が始まりました」

 夏休みが終わり、2学期が始まりました。子ども達は、それぞれに多少緊張した面持ちながらも嬉しそうに先生やお友達と談笑する姿が見て取れました。しばらくすると緊張感もほぐれ、いつもの表情に戻り、思いきって遊ぶ姿になりました。10時過ぎにはリズム室で始園式があり、全員がそろって話を聞く姿勢も見事でした。2学期は運動会・発表会等大きな行事がありますが、これらの行事を取り組む中で、友達と協力することの大切さや、物事に集中すること等々沢山のことを心と体に取り込むことが出来ると思います。これからの子ども達のさらなる成長を願いながら、職員一同取り組んで行きます。ご理解とご協力をお願い致します。
posted by ののはな幼稚園 at 13:54| 日記

2015年08月24日

「夏休みも終わりに近づきました。」

 夏休みも残り少なくなりました。この夏休み、それぞれのご家庭の計画に従い、お子様と共に充実した日々を過ごされたのではないかと想像しております。この間、幼稚園では「預かり保育」を実施してまいりましたが、沢山のお子様が活用していただき、にぎやかな中にも、それなりのけじめも意識した保育が出来たのではないかと思っています。また、1学期後半は雨が続き水遊びが十分にできませんでしたが、「預かり保育」中は存分に楽しめたのではないでしょうか。
 ところで夏休みは、職員にとってはまたとない研修の機会です。それぞれの経験年数に応じて「研修講座」を受講いたしました。ここで得た成果をこれからの保育に生かしていきたいと思っています。2学期は運動会と発表会等大きな行事が予定されています。共に作り上げる喜びを園児と共有しながら取り組んで行きたいと思っています。ご理解とご協力をお願い致します。
posted by ののはな幼稚園 at 15:33| 日記

2015年08月10日

「夕涼み会が盛会のうちに終わりました。」

 幼稚園は3日から7日まで夏季保育が行われました。6・7月と雨の日が続いていましたが、夏季保育期間中は、幸い天候に恵まれ、子ども達は思いっきり水遊びを中心に夏ならではの保育を楽しむ事が出来ました。そして昨日は毎年恒例の「夕涼み会」が行われ、沢山の園児とご家族が参加され、大変な賑わいを見せました。昨年と一昨年は雨に見舞われ、年長児の楽しみにしているおみこし担ぎが中途半端で終わり残念な思いをしていましたが、今年は予定通りおみこしを担いで近隣を回ることが出来ました。おみこしを担ぐ子ども達の満足そうな顔、おみこしの後をカメラを持って追いかけるご家族の姿は、ほほえましくもあり、素晴らしい光景です。また、ご近所の方々も寄ってこられ、愛情を持った眼差しで声を掛けられていた光景にも感動しました。6時過ぎになると年中・少・少々組のお子様とご家族も集まってこられ、園庭に造られたやぐらを囲んで盆踊りやゲーム等にしばしのひと時を楽しく過ごすことが出来ました。
 この行事のために力を貸していただいた「おやじの会」の皆さんを始め沢山のご協力を頂いた皆さま方に、心からお礼を申し上げます。
 最後になりましたが、いつも温かく見守っていて下さるご近所の皆さま方に厚く感謝を致します。ありがとうございました。
posted by ののはな幼稚園 at 11:40| 日記

2015年07月21日

「逆上がりに挑戦する子ども達に感動」

 1学期は17日に終了。19・20の両日、生目にある遊古館で行はれた年長児のお泊まり保育も、無事終了することが出来ました。この間、園活動にたくさんのご協力を頂いた保護者の皆さんを始め、関係者の皆さんに心から感謝を申し上げます。
 ところで、先日のケーブルテレビの取材の中で年長児の皆さんが今頑張っていることとして答えていたのが、「鉄棒」または、「逆上がり」でした。そういえば最近、朝の園庭での「好きな遊び」の時間に、年長の皆さんが「鉄棒」に挑戦する姿が目に留まっていましたのでした。1学期最後の17日の朝の時間も同じ光景がみられていました。そこで私も、主に年長児の皆さんが挑戦中の鉄棒のところに近寄っていくと、近くで見ていた担任の先生が、やや興奮気味に「今、Iちゃんが逆上がりが出来たんですよ。私感激しました。」と近寄ってきました。そのIちゃんは目の前で何回も逆上がりをしているではありませんか。Iちゃんの近くではまだできないお友達が何度も何度も挑戦する姿がありました。その挑戦する姿に私も大変感動を覚えました。このようにどんなことにも挑戦しようとする心こそ、子ども達の成長につながっていくものだと、強く思ったことでした。1学期の締めくくりの日にふさわしい、子どもの達の成長した姿を垣間見た、素敵な良い1日となりました。
posted by ののはな幼稚園 at 11:56| 日記

2015年07月16日

「教え子の手打ちそばに舌鼓を打ちました。」

 前回に続き教え子にまつわる話で恐縮です。実は昨日、突然教え子のN君夫妻が訪ねてくれ、出来たての手打ちのそばを届けてくれました。自宅の畑で育てたそば粉を使う等こだわりの逸品です。奥様から食べる上での手ほどきをお聞きした通りに調理をして食べたそばの、何とも美味しかったこと。彼らのお気持ちと共に頂いた次第です。
 ところでN君は、私が高校教師として初めて担任をした教え子です。実は明日17日は、彼らの組の同窓会が予定されており、私も出席することにしています。夕方には幹事のK君からの確認の電話も貰いました。T君によれば卒業以来初めて出席する3名も加わり、20名ほどが集まるとのことでした。出会いから50年近く、その集まりに加えてもらうことの幸せをかみしめている次第です。
posted by ののはな幼稚園 at 14:50| 日記

2015年07月12日

「不登校問題に取り組む教え子のK君」

 いじめや不登校と云った今日教育界に突き付けられた問題は、深刻です。先日は、いじめを苦にしたと思はれる中学2年生徒の自殺があり、ショックを受けました。担任との交換ノートに書かれていた本人の苦悩に応えられなかった教師の感性には疑問を抱かざるをえません。見えにくくなったといわれる今日のいじめの実態ですが、失礼を顧みず言わせてもらえば、高校教師をしていた小生には、しっかり生徒に向き合ってさえいれば、いじめを受けているかどうかはわかるのではないかと思っています。ただし、この問題の解決策はなかなか困難です。まずは、その実態を明らかにし、全ての人が正面から見つめ直して行くことから始めて行くことが大切なことではないかと思っています。
 そんな折先日、食事をしながら午後7時のNHKの全国ニュースを観ていましたら、生徒の不登校問題が取り上げられていました。何気なく画面を観ていたら、この問題に取り組む自治体の教育長としてコメントしていた教え子のK君が登場したではありませんか。興奮してその内容はあまり覚えていませんが、その真摯に取り組む姿に感動したことでした。高校時代陸上競技に全力で取り組み、一方で国語教師の指導を受けながら、短歌や俳句作りにも挑戦していた彼は、卒業後体育大学を経て東京都の教師となり、年を経て校長になり、3年ほど前から東京都福生市の教育長を務めています。今後のますますの活躍を期待し、いじめや不登校などの難題に立ち向かって欲しいと思っている次第です。
posted by ののはな幼稚園 at 11:30| 日記

2015年06月29日

「水遊びに歓声」

 雨また雨の日々が続いていましたが、今日は青空が広がり、水遊びにぴったりの1日になりました。思い思いの水着に身を包んだ子ども達は、学年ごとに、クラスごとに園庭に設置されたプールや簡易プールでの水遊びに打ち興じていました。事前に安全確保のための約束事を確認しながら、思いっきり楽しんでいる姿に安どしたことでした。予報によれば明日以降は再び天気が悪くなるとのこと、つかの間ながら今日の1日を大いに楽しんだ子ども達でした。久方ぶりの子どもの歓声に、こちらが元気を頂いた1日でした。
posted by ののはな幼稚園 at 11:18| 日記