2017年05月09日

「5月の野の花の風景は?」

 ゴールデンウイークを経て5月の2週目を迎え、子ども達は本来のパワーを発揮しつつあるようです。昨日の午後の園庭では、子ども達はそれぞれの遊びを楽しんでいました。遊具で遊ぶ・砂場で遊ぶ・泥んこ遊び等々、それぞれの子ども達が本来の姿を見せ始めている様でした。そんな中で私の目を引いたのは、年長児を中心に7〜8名の皆さんが「かごめかごめ」を始めたのです。季節感からするとちょっと言う感じがしますが、子ども達は楽しそうにお友達と遊んでいました。その楽しげな様子に惹かれたのか、年少組のお友達もその輪の中に入って遊ぶ、微笑ましい光景も見られ、子どもってすごいなー。と、ここでも感動したことでした。これからどんな園庭風景が展開するのか、楽しみな5月です。
posted by ののはな幼稚園 at 11:54| 日記

2017年04月25日

「父母の会の役員の方々が決まりました。」

 去る4月20日は本年度初めての参観日でした。当日はたくさんの保護者の皆さんがお見えになり、初めてのクラス、そして先生の下でのお子様の様子をご覧いただきました。学年当初の参観では、子ども達にも戸惑いや緊張感あり等々、今のありのままの姿を見ていただきました。次の参観日は5月です。4月の参観日のお子様の様子とどう変わっているか、成長の様子が見られることと思います。クラスの先生そしてクラスのお友達と過ごすこれからのかけがえのない一日いちにちが、どんなにかお子様の心を豊かにしていくか。そんなことを感じていただけるとよいかと思っています。ところで当日は、クラスのお世話をしていただくクラス役員の選出もあり、比較的スムーズに選出されました。そして昨日は初めての役員会が行われました。先ずは自己紹介から始まりましたが、同席させていただいた私は、お母さん方のあいさつの言葉一つひとつに、お子様への深い愛情を目の当たりにし、なんとも言えない感動を覚えました。この思いにいかに応えられるか、私たちの使命の大きさを知らされた思いでした。その後、それぞれの役職が決まり、前年度の役員の代表の方々との引継ぎも無事に終わることが出来ました。宮野会長の下でスタートした本年度の父母の会です。保護者の皆様の変わらざるご協力をお願いいたします。また、前年度の鈴木会長ほか役員をされた皆さん方に心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。
posted by ののはな幼稚園 at 13:40| 日記

2017年04月17日

「今日も、子ども達も先生達も元気です。」

 3月に卒園以来15年ぶりに本園を訪ねて来られたSさんご一家のことは、このブログでお伝えしましたが、先日お母様からお便りをいただきました。本園の卒園生であるK君も、本園での先生との再会を胸に、4月には社会人としてスタートされたとのことでした。そのお便りの最後には、「どうぞ先生方、これからも息子のように何十年たっても温かい思い出としてずっと心に残るような幼稚園を作ってください。私たちもずっと応援しています。」と書かれていました。Sさんはじめ本園を陰ながら応援していただいておられる方々の思いを胸に、私たち職員一同、幼児教育に全力で取り組んでいきたいと心に誓ったことでした。
 そして迎えた新年度は、始園式が7日、入園式が9日に行われ、引き続き10日から本格的にスタートいたしました。そして2週目に当たる本日、園児の皆さんは次々に登園してきました。新入園児もにこやかに登園し、園庭でたくさん遊びました。新しく砂を入れたばかりの砂場では、学年を問わず、たくさんの皆さんが遊んでいました。今日も、子ども達も先生達も元気です。
posted by ののはな幼稚園 at 11:58| 日記

2017年04月11日

「ピカピカの1年生次々と来園」

 今日は市内の小学校の入学式でた。私が幼稚園に出勤途中も華やいだ服を身に着けた新入生親子に出会いました。本園の園長も地域の西池小学校の式典にご招待を受け出席いたしました。式終了後まもなくすると、本園の卒園生の親子が次々と訪ねてきてくれ、園庭も一挙に華やいだ雰囲気になりました。ランドセル姿の卒園生の姿は、もうすっかり1年生の顔になっていました。これからの日々を、たくさんのお友達と楽しく過ごして欲しいものです。幼稚園の先生達は皆さんをずっと応援していますよ。
posted by ののはな幼稚園 at 13:06| 日記

2017年04月10日

「青空が広がる中で入園式を行いました。」

 昨日は青空が広がる中で本園の入園式を行いました。当日は、朝から制服を身にまとった新入園児が両親に連れられて登園してきました。中には祖父母の方々もご一緒のご一家も見られ、幼稚園ならではの風景が見られました。式の中では園長のあいさつや在園児の代表の皆さんの歓迎の挨拶もあり、先生方の手遊びもあり、緊張した面持ちが笑顔になる場面も見られ、明日からの園生活へとつながることを期待したいと思ったことでした。天気にも恵まれ、とても暖かな一日でしたが、この暖かさで桜も一挙に満開となり、まさに入園式に華を添えて頂いた思いです。入園式と式後の終礼も終わり、車で帰宅途中、文化公園では満開の桜の下で花見に興ずるご家族の姿があちこちで見られました。
 ところで本日は、昨日とは一転して雨の一日となり、登園する新入園児も悪戦苦闘する場面も見られました。しかし、多くの皆さんは早速教室のおもちゃで遊ぶ姿が見られました。お帰りの時間帯では、椅子に座り車座になり手遊びや歌を唄うなど、先生や友達と一緒に楽しく遊ぶ場面が見られ、明日への期待も膨らみました。明日は今日よりも、そして明後日はと・・・日に日に成長する姿が見られることでしょう。楽しみにしています。
 
posted by ののはな幼稚園 at 12:01| 日記

2017年03月27日

「2001年卒園生のご一家が訪ねてきてくれました。」

 今日から預かり保育が始まり、園庭から子ども達の元気の良い声が聞こえてきます。職員は全員が出勤し、年度末の反省と清掃・かたずけ等に精を出しています。そんな中、標記のSさんご一家5名の訪問を受けました。本園を卒園されたK君がこの春就職するのを機会に、15年ぶりに宮崎を中心に家族旅行を計画し途中お立ち寄りをいただいたとのことした。昨日も門越しに尋ねられたとのことでした。本日は私をはじめ、当時の2名の職員もいて、少しの時間でしたが往時のたくさんの思い出をお話いたしました。「アットホームな素敵な幼稚園を一度見ておきたい」との思いをずっとお持ちいただいておられたとか、そんなお話をいただきながら、私を含めて3名の職員一同心を震わせる思いでお話をさせていただきました。「大切なお仕事を続けられておられることに敬意を表します」との言葉をいただき二人の職員は、改めてこれからの歩みを後押しされた思いで励みになります、と言っていました。Sさんご一家に心から感謝いたしますとともに、いよいよ社会人の一歩を踏み出すK君に、幸多かれとエールを送った次第です。今日は本当に良い1日となりました。
posted by ののはな幼稚園 at 13:34| 日記

2017年03月24日

「修了式を行い、28年度を締めくくりました。」

 本日は修了式を行い、無事に本年度を締めくくりました。去る19日に卒園式を行い38名の卒園生を送り出した後の数日間しかたちませんが、それぞれの学年やクラスの皆さんは、お兄さん・お姉さんらしく式に臨む姿勢や態度も素敵に見えました。4月には進級する園児の皆さんを頼もしく思いました。修了式終了後、転勤等でお別れをするお友達とのお別れ式を行った後、本年度でお別れする松久園長とお二人の先生との離任式を行いました。お友達やお世話になった先生とのお別れは悲しいですが、大げさに言えば人生には必ず別れの悲しみがあり、それを乗り越えながら人となる道の一つであることをおぼろげながらも感じることの大切であると、独りよがりの思いに至った次第です。
 ところで、昨日は市内の小学校で卒業式が行われ、松久園長が地域の西池小学校の卒業式に出席いたしました。その日の午後3時過ぎ、卒業式を終えた西池小学校の本園の卒園生10名程のみなさんが数名の保護者のみなさんを伴い訪ねてきてくれました。当時の面影を思い浮かべながら、しばし語らうことでした。しばらくすると、幼稚園時代に返ったのか、クラスのおもちゃで遊ぶ姿に、素直に育ってくれていることに頷いた次第です。卒園した幼稚園に訪ねてきてくれるとは、なんと嬉しいことでしょう。幸せが舞い込んだ思いでした。
 最後になりましたが、この1年、園活動にご理解とご協力を頂いた皆さん全てに、心から感謝いたします。ありがとうございました。
posted by ののはな幼稚園 at 16:58| 日記

2017年03月13日

「参観日にたくさんの参観者に感謝」

 今日は昨日と打って変わっての雨の一日となりました。今日は全学年でのお料理大会です。それぞれの学年やクラスで子ども達の要望を聞きながら、メニューを決めました。子ども達はそれぞれに頭にバンダナをしめ、いつもと違った雰囲気を楽しみながらの挑戦です。クラスを覗くと子ども達から「おいしいよ」等の声をかけられました。その表情のうれしそうなこと、何よりの歓迎をしてくれました。
 ところで昨日は今年度最後の参観日となりました。空は青く澄み渡り、寒さも和らいだ素晴らしいお天気となりました。そんな中、お母さん・お父さんそして兄弟の小中生・祖父母の皆さん等々、本当にたくさんの方々が来られました。各クラスではそれぞれに工夫されたプログラムに沿って保育が進められ、特に今回は保護者のみなさんの参加しやすい中身を工夫したものでした。子どもたちの発表に各クラスからは拍手や笑い声が聞こえるなど、アットホームな雰囲気が伝わってきました。特に年長組のクラスでは別れを惜しむようなまなざしで見つめる保護者のみなさんの姿に感動を覚えました。営々と受け継がれてきた幼稚園の風景を、これからも絶やすことなく受け継いでいかなければならないと、心に銘じた次第です。保護者のみなさん昨日の参観、ありがとうございました。
posted by ののはな幼稚園 at 13:28| 日記

2017年03月09日

「お別れ会で交流を楽しみました」

 卒園式も近づき、一日いちにちがとても貴重に思える今日この頃です。そんな中、今日はお別れ会がありました。園児全員がリズム室に集まり、ともに歌い、お別れの言葉を交わし、卒園性の代表に下の学年の代表から、卒園式に身に着ける手づくりのコサージュが手渡されました。その後、各テーブルに園で準備したオードブルが置かれ、異なる学年の子ども達がテーブルについて、食事会です。共々に会話を交わしながら食べる姿はなんとも微笑ましいものです。年長児が年少のお友達に好きな食べ物をとってやる姿なども見られました。 ところで、人気の食べ物の一番はピザで、二番は唐揚げのようで、今の子ども達の様子の一端を垣間見た次第です。 食後は交流を深める遊びの時間です。リズム室では、「トランポリン」「平均台」「滑り台」「音楽パット」などが用意され担当の先生がそれぞれの場所で安全を確認しながら、思いっきり遊びました。下の学年のあこがれの年長組の教室も開放され、年長組だけにあるおもちゃを使って一緒に遊びました。こうしてともに遊んだ子ども達の表情は、満足感にあふれているようでした。毎年恒例の光景ですが、この行事の意義を改めて確認したことでした。
posted by ののはな幼稚園 at 13:46| 日記

2017年03月07日

「今年度も残り少なくなりました。」

 3月に入り、いよいよ今年度も残り少なくなりました。卒園式で歌う「卒園式の歌」が各クラスから聞こえてきます。この歌が聞こえてくると、なんとなく寂しさがこみ上げてきます。年長組の皆さんはどう感じているのでしょうか。感傷的になるのは私たち大人だけでしょうか。そうした思いもあり、つい年長組のクラスの様子を見に2階に向かいます。食事がすんだころ合いを見て年長組のクラスを覗くと、2クラス合同で卒園時の記念製作に取り掛かっていました。製作テーマも決まり、各自受け持つ作品を色粘土で製作をしていました。先生の指示のもと、さすが年長児です。自分の担当するものを手際よく取り掛かっていました。どんなものに仕上がるのでしょうか。出来上がった作品は、卒園式の前日には掲示されます。今から楽しみにしています。
 ところで、今週の9日には「お別れ会」があり、12日の日曜日には今年度最後の参観日があります。それが終わると、もうそこには卒園式が待ち受けています。ほんとに残り少なくなって、なんとなく寂しさが・・・そんな感じでいる私です。
posted by ののはな幼稚園 at 13:11| 日記